ローズのLA⇔TokyoデュアルライフBlog

自分軸で自由に生きる税理士。自分の心に素直に自分らしく生きれる毎日を目指して。好きを大切にしたキャリア構築をお手伝いします☆

日本とアメリカを行き来できる理想の仕事は夢だった

こんにちは、ローズです。

 

最近は毎年日本に帰国できていますが、有休を使って帰るには年に1回、ラッキーな年でも年に2回が限界です。

日本にいる家族や友達ともっと時間を過ごしたい。

どうしたら可能だろうかともうかれこれ10年以上ずっと考えてきました。

一時期そんな仕事を探したこともあったのですが、なかなかそんな好条件な仕事はありませんでした。

よく毎月のように出張があって飛び回っているなんて話も聞きますが、税理士の仕事は仕事柄もともとリモートが可能なので出張はほとんどありません。

 

f:id:Rosendreamusa:20201015082302j:plain

2年程前、いつものように残業をしていたら、社内で見知らぬ人にいきなり話しかけられたことがありました。

彼はかなりマイナーな領域のコンサルの仕事をしているらしく、日本語と英語を話せるバイリンガルを探しているとのこと。

よくよく話を聞いてみると、顧客先でしなくてはならない仕事なので、年に何度も日本とアメリカを行き来する必要があるとのこと。

私にとっては夢のような話!!

これまでやってきた税務の仕事とはかけ離れているのでちょっと迷いもありましたが、でもこんなチャンス渡米して以来初めてだし、断るわけにはいかない!

話はとんとん拍子に進んでいき、部署の皆にも紹介してもらいなんだかうまくいっているように見えたのですが…。

その部署が内部事情により最近他部署に統合されたばかりだったので、かなり厳しく予算をコントロールされていて、新卒以外は雇えないと最終的に大ボスに言われてしまい却下に…涙。

あと一歩まできていたので本当に悔しかった。

 

かなり激務らしく時差がある中ホテルに缶詰めで仕事して、合間に家族に会いに行くのもなかなか大変だったかもなと今となっては思います。

またコロナのこのご時世、結局すべての業務はリモートになり、もしかしたら解雇の対象にもなった可能性もあるので、結果的には良かったんだと思っています。

 

Copyright ©ローズのLA⇔TokyoデュアルライフBlog All rights reserved.

プライバシーポリシー