ローズのアメリカBlog

アメリカでの留学、就職、転職、結婚。豊かに挑戦し続ける人生を目指して。

クレジットヒストリーの大切さ - スコア向上の秘訣

こんにちは、ローズです。

 

クレジットスコアと言う言葉は、アメリカ在住の方なら聞いたことがある方がほとんどだと思います。

アメリカで生活する上で、クレジットスコア/クレジットヒストリーはとても大切です。

その人の信用を数値化したもので、ローンを組む際、クレジットカードを申し込む際等に判断基準として使われます。

 

留学生として渡米した私は、ソーシャルセキュリティーナンバーは持っていませんでした。

大学でアルバイトをしたことでソーシャルセキュリティーナンバーを申し込むことができました。

クレジットヒストリーゼロからの出発でした。

クレジットヒストリーが無いということは、支払い能力が実証されておらず信用がないと言うことになるので、普通のクレジットカードを申し込んでもほぼ審査には通りません。 

 

初めてアメリカで持った(持てた)クレジットカードはセキュアカードと言うクレジットヒストリーのない人やスコアの低い人を対象にされたカードで、クレジットの上限は$650でした。

ちなみに、私が初めて持ったカードはこちら。

https://www.capitalone.com/credit-cards/secured-mastercard/

 

限度額以内で頻繁にカードを利用し、支払いを期限までに毎月きちんと完済することを繰り返すことで、くれじっどヒストリーを築いていきます。

クレジットカードは良くないものだと、利用しないのもダメ。

限度額以内でしっかり使って毎月支払い期日までに全額払うことを繰り返すことで、だんだんカードの上限額は上がっていきます。

f:id:Rosendreamusa:20200120075708j:plain

クレジットカード会社が限度額を上げてくれる場合もありますが、クレジットカードのウェブサイトで上限額の引き上げのオプションもあります。

ある程度利用開始から時間が経ったら上限額の引き上げリクエストすることをおすすめします。

650ドルから、1500ドル、2000ドル、5000ドル…と限度額が上がっていくのは嬉しかったな。

ただし、利用可能額に対して未払い率が大きかったり、支払いが遅れたりするとクレジットスコアに悪影響ですので要注意です。

 

車をローンで買う際や家を買う際にもクレジットスコアにより借りれる金額が変わってきますので、早いうちからしっかりスコアを上げていくのが良いでしょう。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ

Twitter始めました

こんにちは、ローズです。

 

遅ればせながらTwitterを始めました。

税理士としてのキャリアや働き方に対する考え方、自分らしい生き方を中心に発信しています。

ブログよりも頻繁に発信していますので、是非遊びに来てください。

 

ちなみにインスタはこちらです。

 

宜しくお願いします。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ
にほんブログ村 士業ブログへ

新年のご挨拶

遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。

年末年始は日本の実家に戻りゆっくりしてきました。

仕事の方は早速繁忙期に突入し、日本で過ごした時間が既に夢のようです…。

f:id:Rosendreamusa:20200120004310j:plain

帰国の度に実感しますが、日本の食べ物の美味しさとお風呂、温泉は本当に最高ですね!!

アメリカでもいつか広いバスルーム付きの家に引っ越して、日本式のお風呂にリフォームするのが夢だったりします。

 

一昨年の年末年始にも感じた事ですが、温暖化のせいなのか、もしくは私の贅肉が年々増えているせいなのか、東京の冬があまり寒く感じられませんでした。

室内は、特にダウンを着ていたら暑く感じることも多かった。

本格的な寒さは私が日本を発った1月後半からなのでしょうかね。

 

去年は仕事の面で精神的に色々ときつかったことを言い訳に、食事にも運動にも全く気を遣わなかったので、今年はヘルシーに増えた体重を落としていきたいと思います。

2020年は挑戦の年になりそうです。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
 

250万円の価値は人それぞれ

ご無沙汰しております。

気づけば3ヶ月以上もあいしまいました(^_^;)

先日アメリカではThanksgivingと呼ばれる感謝祭があり、4連休で久々のお休みを楽しみました。

大きなセールも立て続いていたので、お買い物を堪能した方も多いのではないかな。


f:id:Rosendreamusa:20191209145828j:image

 

ブログから遠ざかっていた間、とあることから転職の機会が舞い降りてきました。

小さな事務所ですが、通勤時間はかなり短縮され、年収は250万以上上がる好条件。

2度の面接後、内定を頂きました。

社長さんの経験も人柄も素晴らしくて、将来性もある会社だとは思えたのですが、どうしても決めきれなかった…。

年収アップはとても魅力的だし、悩みに悩んだけれど、立ち止まって深く考えた時、今はまだ現職で頑張りたい、まだ今の仕事を離れたくないと心から思った。

そろそろ辞め時かなと漠然と思っていたので、正直自分でもちょっと驚きました。

決して今の年収が高いわけでも満足しているわけでもないのだけれど、今の私にとっては今ある職場環境は、年収アップよりももっと価値のあるものだと初めて認識できました。

こんな気持ちはこれまでの社会人生活初めてで、もしかしたら今の会社は私にとって初めて自分の求めてきたものが揃った居場所なのかもしれません。

後どのくらい現職を続けるかは分からないけれど、今回の気付きはとても大きなものになりました。

お薦めハンバーガーベスト3!ファストフード編

こんにちは、ローズです。

 

アメリカと言えばハンバーガー大国!

私は色々と具が盛りだくさんのハンバーガーよりも、シンプルなチーズバーガーが大好きです。

今日は私がお薦めするハンバーガーのファストフードベスト3をご紹介します。

*判断基準はチーズバーガーです*

 

f:id:Rosendreamusa:20190909050216j:plain

 

1. Habit Burger

カリフォルニア州サンタバーバラ発祥のハビットバーガー。

ここのお勧めは何といってもそのジューシーなお肉。

ちまたのファストフードの中では一番ここのお肉が好きです。

炭で焼かれた香ばしさがまた一段と美味しさを増します。

シンプルなんだけどファストフードにしては上質。

ポテトも好みの大きさ、揚げ方で、文句なし!

 

2.In-N-Out Burger

こちらもカリフォルニア発祥のインアンドアウトバーガー。

カリフォルニアと言えばIn-N-Out Burgerと言うほど全米でも有名なハンバーガーチェーンで、いつ行っても長蛇の列で大人気。

In-N-Outの特徴はThousand Islandと言うケチャップとマヨネーズを混ぜたソースではないでしょうか。

普通のチーズバーガーから、ダブルチーズバーガー、はたまたその2倍の4by4(フォーバイフォートと読みます。お肉4枚、チーズ4枚!)まで注文することができます。

空腹時には是非お試しあれ☆

 

3. Shake Shack

ニューヨーク発祥のShake Shack。

今ではカリフォルニアにも店舗がありますが、初めて食べたのはニューヨークでした。

確か東京にも店舗があるのでご存知の方も多いかもしれません。

ちょっとお高いですが、ビールも飲めるし、チェダーチーズの際立つチーズバーガーはユニークで美味!

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
 

アメリカ人は働かない?人生における価値観とは

こんにちは、ローズです。

 

以前もお話ししましたが、税理士法人は残業して当たり前の業界なので、もちろんその中でも個人差はありますが、基本的に私の会社の人達は良く働きます。

アメリカでも弁護士、コンサルタント、証券、会計士等はプレッシャーの中で長時間の労働が余儀なくされる仕事として一般的に知られています。

f:id:Rosendreamusa:20190819125809j:plain

仕事の話になると、日本にいる友人には、アメリカでもそんなに働くの?とか、アメリカ人は残業しないんじゃないの?と度々聞かれることがあります。

アメリカ人は働かない、と昔誰かが言っていたのを聞いたこともあったっけ。

 

アメリカの企業で働いてみて思うのは、アメリカ人は家族との時間をとても大切にしているという事です。

第一は家族、もしくは自分自身の時間、そして第二に仕事、と言う考え方の人が多い気がします。

なので、会議も必要のない時は普通にキャンセルされますし、会議中も必要な事だけを話し合いささっと終わらせる傾向にあります。

子供が風邪を引くと託児所に預けることができないので、欠勤するのは当たり前。

家族の介護などで数か月会社を休むことも珍しくありません。

定時で帰りたいので、残業もできるだけしないように就業時間に効率的に仕事を終わらせようとしています。

もちろんやる気のない人、最低限しかやらずそれでうまく乗り切っている人はどこの会社でもどこの国でもいます。

ただ使えない人材は切られるので、窓際族と言われる人達は私の会社にはいないような気がします。

以前働いていた会社で、社長秘書の横に座っていたことがあったのですが、やることを済ませたら残りの時間はずっとおしゃべりをしたり、オンラインショッピングしたり、ユーチューブを見て大爆笑し出したり。

これにはさすがにはじめのうちは驚きましたが(笑)、やることはきちんとやっているので問題ないでした。

 

とは言え、家族や自分のプライベートな時間を削ってでも仕事をしなくてはならない、前述したような職種もあり、個々の価値観により、その人の人生で大切なものを選択をし、必要であればそれが転職と言う形にもつながるのだと思います。

 

生きるために働くのか。働くために生きるのか。

選択するのは自分自身です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

お好み通りに注文をカスタマイズできる習慣

こんにちは、ローズです。

 

アメリカでは飲食店で注文をする際、たいていのお店では自分の好きなようにカスタマイズすることができます。

日本では経験したことのない習慣だったので、渡米当初は注文の仕方に慣れるまで結構時間がかかりました。

ステーキを注文する時に好みの焼き加減を伝える感覚で。

もっともっとややこしい、お店としては面倒としか言いようのない注文もできちゃいます。

 

f:id:Rosendreamusa:20190806143812j:plain

 

例えば、マクドナルドでセットを頼む際、チーズバーガーのセット、玉ねぎは抜きで、ピクルスは多めにとか。

タピオカを頼む際、タピオカ少な目、甘さは控えめでとか。

サラダを頼む際に、ケール多めにしてドレッシングはかけずにサイドで、など。

はたまたお寿司屋さんで海苔が嫌いなのでソイペーパーで注文する人もいます。

 

私はコーヒーが大好きでよくカフェラテを頼むのですが、普通の牛乳を飲むとお腹をこわすのでアーモンドミルクか豆乳に変更をしていつも注文します。

時にはバニラシロップを入れたり、アイスで頼む際は氷を少なめにしたり。

はじめはあれこれ注文するのに勇気がいるかもしれませんが、せっかくなので、一番美味しい、一番好みな形で注文できるこのシステムは使うしかありません!

でもこんな便利なシステム、食べ物の好き嫌いが助長されないかな、なんて思ったりもしてしまいます。

是非お試しください。

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ