ローズのアメリカBlog

アメリカでの留学、就職、転職、結婚。豊かに挑戦し続ける人生を目指して。

アメリカ就職&転職で絶対に使うべきサイト3選

こんにちは、ローズです。

 

アメリカでの就職・転職を成功させるために、絶対に利用すべきお薦めのサイト3つをご紹介します。

私も実際転職活動をしている時だけでなく、普段から頻繁に利用して求人の相場やトレンドを確認していてかなりのヘビーユーザーです。

 

 

1.LinkedIn(リンクトイン

www.linkedin.com

LinkedInは一言で言うとオンライン版のあなたの履歴書、そしてプロフェッショナルなネットワーキングサイトです。

LinkedInの人気が出始めた頃はフェースブックのビジネスバージョンとも言われていました。

このサイトは個々の経歴を設定した範囲内の人達に公開することができ、また仕事絡みで知り合った人、もともとの友人たちともつながることができます。

フェースブックでのお友達になるような感覚です。

また現在就職・転職先を探しているのかどうかのステータスを設定することができ、それを基にリクルーター・ヘッドハンターからこういう仕事があるけれど興味はありませんかと言ったメールがLinkedIn内で送られてきます。

もちろん一般の求人情報も載っているので、リクルーターを通さず自分でサイト内、アプリ内で応募することもでき本当に便利です。

 

ちなみに昨年末に私に訪れた転職のきっかけも、リクルーターがLinkedInでメールをしてきたことから始まりました。

その時の記事はこちら。 

アメリカで働いている人、もしくは将来海外で働くことを視野に入れている人は将来有益なことが多いので必ず登録することをお薦めします。 

2.Glassdoor (グラスドア)

www.glassdoor.com

Glassdoorは求人情報だけでなく、その会社の評価、福利厚生、給与、面接で実際に聞かれた質問等、投稿者の経験談に基づいた口コミサイトです。

各情報は地域ごとに絞り込むこともできるので、就職先のオフィスの口コミ評価を事前に確認することが可能です。

口コミが載っていない会社もありますが、競合他社の給与相場を知ることができるので、給与の交渉の際にも役立ちます。

私は気になる仕事を見つけたら、まずGlassdoorでその会社、そのオフィスの口コミを確認して良さそうだったら申し込むようにしています。

転職先で失敗しないためにも事前に収集できる情報はできるだけした方が良いので、このサイトは欠かせません。

3. Indeedインディード

www.indeed.com

最後は日本でもおなじみIndeed

Indeedの良い所は圧倒的な情報量と使いやすさでしょうか。

自分の検索項目、履歴がちゃんと残るので、新しい求人が出るたびにお知らせが来ます。

特に私のいる税理士業界は募集時期にばらつきがあるので、その時々でどんな仕事が募集されているのか、ちょくちょく覗いて確認しています。

 

この3サイトはアプリもとても使いやすく、本当にお薦めです。

次のお仕事を見つける際に、是非ご利用下さい!

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

年収250万円から1000万円へ - 年収アップのためにやるべき3つのこと

こんにちは、ローズです。

今日は大学を卒業してからの私のお給料の変化を振り返えりつつ、お給料を伸ばしていくための秘訣をお話しようと思います。

 

私は在学中から大学卒業後はアメリカで働いてみたいと思っていました。

それには色々な理由があるのですが、大きな理由はまだ日本に帰るには十分アメリカを知り尽くせていないと思ったから。

学生時代から早く働きたかった私に迷いはありませんでした。

大学の授業で出会った保険業界でファイナンシャルプランナーをしている先生の話がとても面白く、成果報酬でやりがいのある仕事内容に魅了された私は、卒業後はファイナンシャルプランナーの道を目指そう就職先のターゲットを絞りました。

しかし当時景気がいまいちだったからなのか、もともと留学生がアメリカで働くために必要なH-1Bビザをスポンサーしない業界の風習だったのかは分かりませんが、何社か面接に行きましたがビザはサポートできないと断わられてしまいました。

卒業前に就職先が決まっておらずOPTに突入したため、アメリカに残れる期間はだんだん迫ってきていたため、自分のやりたいことを優先するよりも、まずはH-1Bビザのスポンサーになってくれる会社を見つけると言う方向に転換せざるを得なくなりました。

 

 

f:id:Rosendreamusa:20200202103312j:plain

 

そんな中、業務内容もファイナンス系に絡んでいたし、ビザのスポンサーになってくれると言う会社が見つかり、正直取り敢えず…と言う形で私の就職先は決まりました。

初めての就職先はアメリカにある日系の会社で初任給は時給$11でした。

実家暮らしならばまだなんとかなったかもしれませんが、物価の高いカリフォルニア州で生活するにはこれでは全くまわらず、OPT中は1日8時間働いた後にアルバイトもしていました。

それでも厳しくて、毎月クレジットカードに頼ることに…。

高額なお金をかけて留学させてもらったのにこの末路は自分でも情けなくなりました。

年収を上げたい、この貧乏生活から抜け出したい、親孝行もしたい、と私が上を目指していって取った行動、意識していったことは以下の3つです。

 

 

①資格を取る

初めての就職先での仕事内容は、正直誰がやってもできるような事務仕事がメインでした。

特に勉強できることもあまりなく、やりがいも正直なかった。

日本の大手自動車メーカに就職した友人は、毎日こてんぱに鍛えられていると言う話を聞いていたので、普通に仕事をしているだけで褒められ、優等生扱いされる職場環境にちょっと疑問もありました。

お給料を上げるには誰がやってもできる仕事をしていてはダメだと思った私は、手に職をつけようと資格を取ることを決意。

興味のあることはたくさんありましたが、大学の専攻と近かったこと、またビザのサポートもしてくれる会社が多いと当時聞いていた、米国公認会計士USCPA)の資格を目指すことにしました。

大学ではファイナンス専攻で会計学専攻ではありませんでしたので、この道でいくと決めた私はの資格取得に向け、まずは大学に戻り必要な単位を取得することからスタートしました。

働きながら大学で単位を取っていく生活を2年程続けてから、やっと資格試験を受ける条件を満たすことができ、勉強を開始しました。

繁忙期は勉強する時間もなく、仕事と勉強の両立はきつかってです。

でも転職活動の際も、資格試験の勉強している段階でちゃんとやる気を示すことができますし、ライセンスを取得してからはその業界での最低限のレベルは達したと認めてもらう切符にもなりました。

こつこつ勉強を続けることが苦手だった私には、苦労したけれどとても良い経験になりました。

 

   

【WOMORE】(ウーモア)

 

②専門分野を定め、狭める

USCPAの試験を受けるのに必要な会計学の単位を取っている中、少しでも実務経験をつけたく、ビザをスポンサーしてくれる日系の会計事務所を見つけ転職しました。

ここでは一つの専門分野に特化することなく、監査、税務、帳簿付けやその他の業務もまんべんなく学びました。

教育熱心な上司にも恵まれ、会計の全体像を学ぶのには良かったのですが、時間がたつと結局は何でも屋あることに気づきました。

ここでもなかなかお給料は上がらず、ボーナスも出ませんでした。

給与を上げていくにはもっと専門性をつける必要性があると思い、監査も税務も好きだったのでとても迷ったのですが、長い目で考え税務の道に進むことを決め、再度転職することを決めました。

 

  

③転職は外資系、そして大手へ

私はこれまで日系企業で2社働いた後、外資系(アメリカ)企業2社で働きました。

転職に際しては上で述べたように専門性を追求できる会社を見つけることに加え、転職先を外資系へ絞ったこと、そして給与形態がしっかりした大手を目指すことで年収アップにつながりました。

 

まずなぜ日系より外資なのか。

それは外資の方が圧倒的に給料が高いという事実があるからです。

私が実際に勤めた会計事務所の初年度の年収が3万ドル(約330万円)だった当時、外資系の大手会計事務所の初任給は4万5千ドル~5万5千ドル(約500~600万円)でした。

初任給がここまで違うと、もちろん毎年の昇給率も異なり、数年で相当な給与の差が生まれてきます。

私が小さな企業よりも大手を狙ったのは、単純な思考ですが大手の方が高い給料を払うだけの現金を持ち合わせていると考えたから。

実際私が働いた日系企業では昇給はあってなかったような微々たる額でしたが、外資では景気が悪い年を除いては、大なり小なり毎年昇給があります。

 

時間のある貧乏より、身を粉にしてもバリバリ働いてお給料を上げたいとずっと思ってきた私は、この3つの方法で年収250万円から年収1000万円を超えることができました。

貧乏でたくさんの苦労も ありましたが、会社員として年収1000万円は目標にもしてきた数値だったので、達成できたことは嬉しく思います。

ただ物価が高騰し続けているカリフォルニア州では、日本で稼ぐ年収1000万円と比べて価値はかなり低いのが現実です。

家賃や家のローンが出費の大半を占めるのは普通で、1000万円稼いでも庭付き一戸建てなんて夢のまた夢。

お金持ちからは程遠いのが現実です。

 

これは会社勤めの私の実体験で、時間もかかりましたし大変な事もたくさんありましたが、行動すれば生活を変えることはできます。

前進あるのみです!

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

アメリカでも快適なトイレ生活を - 超お薦めウォシュレットの代用品

こんにちは、ローズです。

今日は我が家で愛用しているお薦めのウォシュレット代用商品を紹介します。

 

海外に行った際、ウォシュレットが恋しくなるという話は多々聞きます。

アメリカでもウォシュレット付きのトイレは本当に稀なので、日本のようにウォシュレットが日常化しているのは本当に贅沢で素晴らしいなとしみじみ思います。

旅行中ならまだ我慢できても、海外在住となると長期的な生活になり、毎日のことなので快適で清潔なおトイレ生活を送りたいですよね。

日本の大手メーカーもアメリカに進出していてウォシュレットを付けることは可能ですが、安くはないし、もしくは賃貸だし、と色々な理由でつけられない場合も多いと思います。

 

f:id:Rosendreamusa:20200127141529j:plain

 

そこでお勧めするのがこちら、Neo120です。アマゾンで購入できます。

 

 

こういうものを取り付けるのが大好きな主人が毎回つけ外しをしているので私が設置したことはないのですが、彼曰く説明書も入っているし、取り付けは簡単にできるそうです。

日本でおなじみのウォシュレットのように自動で温水が出たり、色々な調整ができる機能はありませんが、何と言ってもウォシュレットと比べてこのお値段の安さ!

日本のあの素晴らしいウォシュレットとのあまりの違いに初めは半信半疑でしたが、ゆっくりレバーを回すと水の強さを調整できます。

マニュアルなこのウォシュレットを利用するのはとても簡単なので、使いやすくすぐに慣れました。

私は南カリフォルニアに住んでいて冬もそこまでは寒くならないので、常温の水でも寒さや不便を感じたことはありません。

 

我が家はこれが気に入りすぎて、引っ越すたびに新しいものを購入し設置する位手放せない愛用品になりました。

海外在住でウォシュレットが恋しい方、高価なウォシュレットの購入に躊躇している方は、是非一度試してみる価値はあるのでお薦めです!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
 

留学から就職、結婚まで - アメリカで必要なビザ

こんにちは、ローズです。

 

アメリカ在住の方なら、ビザ関係の問題に直面したことのある方は少なくないと思います。

年々ビザの審査が厳しくなり、アメリカに残りたくてもビザが取れずに帰っていった友人をたくさん見てきました。

今日は私が今まで持ったビザに関してお話します。

 

f:id:Rosendreamusa:20200129132346j:plain

アメリカには留学生として渡米したので、まずは学生ビザ、F1ビザを渡米前に取得してから来ました。

F1ビザを申し込むにはまず行く大学を決めなくてはなりません。

大学を決め、ビザを取得し、無事に渡米しても、F1ビザを保持し続けるには在学中はしっかり学校に行き、ちゃんと単位を取って、F1ビザを保持するのに必要なI-20を切らさないようにしなくてはなりません。

 

最近の情報はちょっと詳しくないのですが、当時は留学生は大学卒業後、一年間自由に仕事ができる許可が与えられました。

Optical Training、略してOPTと言われる期間です。

OTP期間中は確か専攻と関わる仕事をすることをお薦めされていたと思いますが、実際はどこで働いても良かったので、ある意味初めて法的な制限なくアメリカで自由になった瞬間でもありました。

OPT期間が終わると学生ビザも無効になるので、OPT後にアメリカで就職したい人はこの期間に就労ビザをスポンサーしてくれる勤務先を探す必要があります。

就労ビザにはH1Bビザ、L1ビザ、J1ビザなど色々ありますが、留学生はH1Bビザを目指すケースが多いのではないかと思います。

H1Bビザは3年間x2の計6年間の就労期間が与えられます。

しかしこのH1Bビザがなかなか難関で、応募資格や申し込み期間が厳しく決められている上、最後は抽選で選ばれます。

抽選に受かればビザのスポンサー先の会社で勤務することができますが、転職したい場合にはまたビザのスポンサーを見つけ、変更しなくてはならないので簡単ではありません。

また、雇用主にスポンサーになってもらうので、まずスポンサー先の会社の合意を得る必要があります。

運悪く抽選に外れたらもちろんダメと言うシビアな世界。

このビザが取れず泣く泣く帰国した友達は何人もいました。

 H1Bビザの間はビザに縛られていたので、今思うととても窮屈でした。

自由に転職できないし、ビザをスポンサーしてもらっているという負い目から、勤務先に対する不満も多かった気が。

私は2回更新できたので、計6年H1Bビザで働きました。

 

H1Bビザが切れるタイミングで長年付き合っていた今の旦那さんと結婚を決め、グリーンカードを申し込むと言う流れになりました。

今後もアメリカに住んでいる間はずっとグリーンカードで生活をしていこうと今は考えています。

 

[注意] 個人的な体験談なので、最新の情報はイミグレーションの正式なウェブサイトからお調べください。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ

クレジットヒストリーの大切さ - スコア向上の秘訣

こんにちは、ローズです。

 

クレジットスコアと言う言葉は、アメリカ在住の方なら聞いたことがある方がほとんどだと思います。

アメリカで生活する上で、クレジットスコア/クレジットヒストリーはとても大切です。

その人の信用を数値化したもので、ローンを組む際、クレジットカードを申し込む際等に判断基準として使われます。

 

留学生として渡米した私は、ソーシャルセキュリティーナンバーは持っていませんでした。

大学でアルバイトをしたことでソーシャルセキュリティーナンバーを申し込むことができました。

クレジットヒストリーゼロからの出発でした。

クレジットヒストリーが無いということは、支払い能力が実証されておらず信用がないと言うことになるので、普通のクレジットカードを申し込んでもほぼ審査には通りません。 

 

初めてアメリカで持った(持てた)クレジットカードはセキュアカードと言うクレジットヒストリーのない人やスコアの低い人を対象にされたカードで、クレジットの上限は$650でした。

ちなみに、私が初めて持ったカードはこちら。

https://www.capitalone.com/credit-cards/secured-mastercard/

 

限度額以内で頻繁にカードを利用し、支払いを期限までに毎月きちんと完済することを繰り返すことで、くれじっどヒストリーを築いていきます。

クレジットカードは良くないものだと、利用しないのもダメ。

限度額以内でしっかり使って毎月支払い期日までに全額払うことを繰り返すことで、だんだんカードの上限額は上がっていきます。

f:id:Rosendreamusa:20200120075708j:plain

クレジットカード会社が限度額を上げてくれる場合もありますが、クレジットカードのウェブサイトで上限額の引き上げのオプションもあります。

ある程度利用開始から時間が経ったら上限額の引き上げリクエストすることをおすすめします。

650ドルから、1500ドル、2000ドル、5000ドル…と限度額が上がっていくのは嬉しかったな。

ただし、利用可能額に対して未払い率が大きかったり、支払いが遅れたりするとクレジットスコアに悪影響ですので要注意です。

 

車をローンで買う際や家を買う際にもクレジットスコアにより借りれる金額が変わってきますので、早いうちからしっかりスコアを上げていくのが良いでしょう。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ

Twitter始めました

こんにちは、ローズです。

 

遅ればせながらTwitterを始めました。

税理士としてのキャリアや働き方に対する考え方、自分らしい生き方を中心に発信しています。

ブログよりも頻繁に発信していますので、是非遊びに来てください。

 

ちなみにインスタはこちらです。

 

宜しくお願いします。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ
にほんブログ村 士業ブログへ

新年のご挨拶

遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。

年末年始は日本の実家に戻りゆっくりしてきました。

仕事の方は早速繁忙期に突入し、日本で過ごした時間が既に夢のようです…。

f:id:Rosendreamusa:20200120004310j:plain

帰国の度に実感しますが、日本の食べ物の美味しさとお風呂、温泉は本当に最高ですね!!

アメリカでもいつか広いバスルーム付きの家に引っ越して、日本式のお風呂にリフォームするのが夢だったりします。

 

一昨年の年末年始にも感じた事ですが、温暖化のせいなのか、もしくは私の贅肉が年々増えているせいなのか、東京の冬があまり寒く感じられませんでした。

室内は、特にダウンを着ていたら暑く感じることも多かった。

本格的な寒さは私が日本を発った1月後半からなのでしょうかね。

 

去年は仕事の面で精神的に色々ときつかったことを言い訳に、食事にも運動にも全く気を遣わなかったので、今年はヘルシーに増えた体重を落としていきたいと思います。

2020年は挑戦の年になりそうです。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ