ローズのアメリカBlog

アメリカでの留学、就職、転職、結婚。豊かに挑戦し続ける人生を目指して。

アメリカ人は働かない?人生における価値観とは

こんにちは、ローズです。

 

以前もお話ししましたが、税理士法人は残業して当たり前の業界なので、もちろんその中でも個人差はありますが、基本的に私の会社の人達は良く働きます。

アメリカでも弁護士、コンサルタント、証券、会計士等はプレッシャーの中で長時間の労働が余儀なくされる仕事として一般的に知られています。

f:id:Rosendreamusa:20190819125809j:plain

仕事の話になると、日本にいる友人には、アメリカでもそんなに働くの?とか、アメリカ人は残業しないんじゃないの?と度々聞かれることがあります。

アメリカ人は働かない、と昔誰かが言っていたのを聞いたこともあったっけ。

 

アメリカの企業で働いてみて思うのは、アメリカ人は家族との時間をとても大切にしているという事です。

第一は家族、もしくは自分自身の時間、そして第二に仕事、と言う考え方の人が多い気がします。

なので、会議も必要のない時は普通にキャンセルされますし、会議中も必要な事だけを話し合いささっと終わらせる傾向にあります。

子供が風邪を引くと託児所に預けることができないので、欠勤するのは当たり前。

家族の介護などで数か月会社を休むことも珍しくありません。

定時で帰りたいので、残業もできるだけしないように就業時間に効率的に仕事を終わらせようとしています。

もちろんやる気のない人、最低限しかやらずそれでうまく乗り切っている人はどこの会社でもどこの国でもいます。

ただ使えない人材は切られるので、窓際族と言われる人達は私の会社にはいないような気がします。

以前働いていた会社で、社長秘書の横に座っていたことがあったのですが、やることを済ませたら残りの時間はずっとおしゃべりをしたり、オンラインショッピングしたり、ユーチューブを見て大爆笑し出したり。

これにはさすがにはじめのうちは驚きましたが(笑)、やることはきちんとやっているので問題ないでした。

 

とは言え、家族や自分のプライベートな時間を削ってでも仕事をしなくてはならない、前述したような職種もあり、個々の価値観により、その人の人生で大切なものを選択をし、必要であればそれが転職と言う形にもつながるのだと思います。

 

生きるために働くのか。働くために生きるのか。

選択するのは自分自身です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

お好み通りに注文をカスタマイズできる習慣

こんにちは、ローズです。

 

アメリカでは飲食店で注文をする際、たいていのお店では自分の好きなようにカスタマイズすることができます。

日本では経験したことのない習慣だったので、渡米当初は注文の仕方に慣れるまで結構時間がかかりました。

ステーキを注文する時に好みの焼き加減を伝える感覚で。

もっともっとややこしい、お店としては面倒としか言いようのない注文もできちゃいます。

 

f:id:Rosendreamusa:20190806143812j:plain

 

例えば、マクドナルドでセットを頼む際、チーズバーガーのセット、玉ねぎは抜きで、ピクルスは多めにとか。

タピオカを頼む際、タピオカ少な目、甘さは控えめでとか。

サラダを頼む際に、ケール多めにしてドレッシングはかけずにサイドで、など。

はたまたお寿司屋さんで海苔が嫌いなのでソイペーパーで注文する人もいます。

 

私はコーヒーが大好きでよくカフェラテを頼むのですが、普通の牛乳を飲むとお腹をこわすのでアーモンドミルクか豆乳に変更をしていつも注文します。

時にはバニラシロップを入れたり、アイスで頼む際は氷を少なめにしたり。

はじめはあれこれ注文するのに勇気がいるかもしれませんが、せっかくなので、一番美味しい、一番好みな形で注文できるこのシステムは使うしかありません!

でもこんな便利なシステム、食べ物の好き嫌いが助長されないかな、なんて思ったりもしてしまいます。

是非お試しください。

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
 

留学生のアルバイト体験 - 人生は一歩踏み出したもの勝ち

こんにちは、ローズです。

 

海外生活を夢見る人は多いと思います。

文化も言葉も異なる国で暮らすことは、素晴らしい経験ができる一方、言うまでもなく様々な苦労はつきものです。

特に言葉の問題は大きく、日常生活で問題なく意思疎通ができるまでには、ある程度の時間と慣れ、度胸が必要となります。

 

私は親に留学費を払ってもらっていたため、少しでも負担を減らしたいと、留学半年ちょっとでアルバイトを始めました。

当時は大学のキャンパス内でなら留学生の就労も許可されていました。

今考えると本当に怖いもの知らずで、やっぱり若かったんだなぁとしみじみ思います。

f:id:Rosendreamusa:20190805014048j:plain


校内には主にオフィス業務、図書館、ブックストア、カフェテリア、デイケアの仕事があった記憶があります。

私はカフェテリアに応募し、校内のカフェで働くことが決まりました。

午後のシフトは既に埋まっていたので、朝が辛い毎朝7時からのシフトでした。

働いていたのは私以外は全員アメリカ人。

その頃まともにコーヒーを飲む習慣もなく、カフェラテって何?と言うレベルだった私。

英語もかなりたどたどしかったけれど、先輩もお客さんも基本的に皆とても優しかったです。

バイトをしたおかげで、今でもアメリカで頑張る親友/同士とも出会えたし、貴重な経験ができました。

お給料は微々たるものですが、バイトをする価値は大きいです。

勇気をもって一歩踏み出そう!

 

*学生ビザ(F-1)の留学生は、ビザ発行元の学校にて週に20時間以下の就労が認められています。

法律が変更されている可能性もありますので、大学のInternational Officeでご確認お願いします。

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ホームステイの現実 - 私の体験談

仕事が忙しく少し時間が空いてしまいました。

ご無沙汰しております、ローズです。

 

私は渡米当初、大学のESL経由で紹介されたホストファミリーの家でホームステイを一年弱経験しました。

留学前に色々な体験談からその利点に触れることができ、なるべく早く現地の生活になじむためにはホームステイが良いだろうと迷いはありませんでした。

 

私が一緒に住むことになったのは大学の近くに住む白人一家。

ご両親と高校生の一人娘の三人家族でした。

お父さんは新聞記者でお母さんは専業主婦でした。

 

f:id:Rosendreamusa:20190804144435j:plain


結論から言うと、ホストファミリーとの相性によってホームステイの経験はかなり変わってきます。

他人の家族と一緒に住むことは、全く別の価値観の人達と住居を共にするので、恐らく日本人の家族とでもたくさんの相違点を発見すると思いますし、ある意味結婚よりも難しいと思います(笑)。

とても勉強になり良い経験もできたけれど、たくさんの苦労もありました。

まず一番つらかったのは食事。

お母さんの手料理が申し訳ないけれど美味しくなくて、毎晩夕食を一緒に取るのが苦痛で苦痛で仕方ありませんでした。

ほぼ毎日茹でた味無しの鶏肉に、べちゃべちゃのご飯、缶詰のアスパラガス。

はじめは礼儀ですし頑張りましたが、だんだん理由を付けて一緒に食事をとらなくなりました。

美味しくないからとは言えないし、なかなか気まずい問題でした。

 

次は宗教の問題。

今でこそ宗教に関して突っ込んだ話は避けるべき、相手の宗教を尊重すべきと言うアメリカ人の常識を知りましたが、お母さんに私がカトリックでない理由を深く突っ込まれたり、神様を信じない理由を聞かれたり、何時間にもわたるディナーでのそのトピックは、まだ若かったあの頃の私には厳しい質問でした。

 

最期は戦争の問題。

ホストファミリーのお母さんの祖母が、サイパンで日本人に拘束されたと言う辛い経験をかなり聞かされました。

その内容が、日本人である私を咎めているようにも聞こえ、心苦しくなったのを覚えています。

 

度々重なる居心地の悪さから、私はしょっちゅう実家の母に電話をし泣いていました。

半年位経った頃に彼氏ができたこともあり、彼と一緒にいる時間を言い訳にして、私はだんだんホストファミリーとの距離を置くようになりました。

結果的には逃げるような形になってしまいましたが、色々な事情から居心地が悪くなったらホームステイの紹介先に相談し、ホストファミリーを変えてもらうのも手だと思います。

私の場合は相談しても何もしてもらえなかったのですが、そんな場合はすぐにでも家を出てしまって良いと思います。

どんな家族と一緒に住むことになるのか、その人達の価値観もバックグラウンドもこちらは事前に知ることができないし、留学当初はたださえ大変なので、無理をせず生活の快適さを重視して欲しいと思います。

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

アメリカで転職を成功させるのに最も重要な3つのポイント

こんにちは、ローズです。

 

今日はこれまでアメリカで3回転職した私の実体験を基に、アメリカで転職活動を成功させるのに最も重要な3つのポイントをお話ししたいと思います。

ちなみに1回目はアメリカにある日系企業へキャリアチェンジの為、2、3回目は米系企業への転職でした。

特に2回目のアメリカ企業への転職は、英語での面接慣れをしていなかったこともありかなり苦労しました。

その経験を踏まえ、私の考える転職を成功させるのに最も大切なポイントは以下の3つです。

①職務経験値

②あなたと働きたいと思ってもらえるか

③働く意欲

 

f:id:Rosendreamusa:20190715054800j:plain

 

①職務経験値

一年未満で職を転々としているとさすがに良く見られないかもしれませんが、転職をする際一番見られるのはこれまでの経験値です。

前職の経験をもとに、どれだけの価値を新しい会社に与えられるか。

その分野での経験値が増えれば増えるほど、それが重宝され年収も上がっていくことになります。

 

②あなたと働きたいと思ってもらえるか

これは面接官との相性とも言えますが、どれだけ面接官に好印象を与え、チームの一員に入って欲しいと思わせるか。

どんなに素晴らしい経験を持っていても、面接官に嫌われてしまっては元も子もないですからね。

また、清潔感のあるプロフェッショナルな身だしなみ、親しみやすい笑顔もとても大切です。

 

③働く意欲

事前にその企業のリサーチをし基本情報は頭に入れておくこと。

なぜこの会社のこのポジションで働きたいのか、なぜ自分がこの職に一番適した人材か、しっかり言えるようにしておきましょう。

特にキャリアチェンジの場合は、なぜ新しいキャリアに挑戦したいのか、熱意を伝えることも必要だと思います。

 

事前準備は転職を成功させるために必須です。

企業のリサーチに加え、一般的によく聞かれる質問への自分の答えを用意しておくこと、それを応用しどんな質問にも答えられるよう練習することが鍵になります。

Good luck!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

税理士法人の一日

こんにちは、ローズです。

今日は税理士法人で働く私の平均的な一日のスケジュールを紹介したいと思います。

 

f:id:Rosendreamusa:20190714040942j:plain

長時間労働で知られる税理士法人の仕事ですが、どのようなスケジュールになるかは担当するクライアントによりかなり変わってきます。

一般的には1月から4月、7月から9月が繁忙期と言われていますが、私の場合、年間を通して常に仕事があるクライアントを担当しているため、唯一のオフシーズンと言えるオフシーズンは12月のみです。

 

私の働く税理士法人は決められた勤務時間がないので、前日何時に仕事が終わったか、またその日片づけなくてはならない緊急案件の量によってもスケジュールは日々異なります。

平均的には

8:00~10:00 勤務開始

19:00~25:00 退社

 

締め切り前は夜中も週末も仕事をしますので、ひどい時は2時間睡眠の日もありますが、8時間くらい寝れる日もあります。

平均的な睡眠時間は5、6時間でしょうか。

気力と体力勝負なところもあるので、人の入れ替わりは多いのが業界の特徴です。

年齢的にも体力的にも、後どの位続けられるか…最近考えています。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

大学の専攻を迷った時に考えるべきこと

こんにちは、ローズです。

 

アメリカの大学では、大学入学時に専攻を決める必要がないので、一般教養の授業を取っているはじめの2年間で自分のやりたいこと、方向性を考える時間が与えられます。

やりたいことがはっきり決まっている場合は問題ありませんが、将来の方向性が見えていない学生にはこの時間はかなり有益だと思います。

 

総合的に仕事ができる人材を育てるため、日本では、特定の業種を除いては大学の学部はそこまで就職先に影響しないという話を聞きますが、アメリカでは専攻する学部により就職先はかなり絞られると思います。

例えば、証券会社に就職する人は、たいていFinance、Economics、Accounting等のビジネス関連の専攻が多くなります。

逆にドイツ文学を専攻して証券会社で働いている人は珍しいかもしれません。

 

もしやりたいことが明確に見えず、迷っている場合、まずは将来自分がどんな職業に就きたいのか考えてみることをお薦めします。

職業、業種により、平均的な労働時間や給与にかなりばらつきが出ますし、こういう情報は大体ネットで簡単に手に入れることができます。

 

またその職業に就くまでに、どれだけの学位が必要になるのかも忘れてはならない大きな要因です。

例えば、アメリカで医師や弁護士になりたい場合、4年制の大学を卒業しただけではなれず、大学院に行きその後に資格を取る流れになります。

大学院に行く必要があるかどうかは、時間にも金銭的にも大きな影響をもたらすので、なりたい職業を考え、それに必要な学位を事前に調べることは必須です。

 

とは言え後々気が変わった場合、人生の方向転換を取りやすいのもアメリカの良い所なので、自分のやりたいことを精一杯やって欲しいなと思います。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ