ロサンゼルス発☆自分らしくキャリアを築き理想を叶えていく方法

税理士(USCPA)xコーチがアメリカで起業したい&キャリアアップしたいあなたをトータルサポート!

アメリカで会社員を辞める理由【理想の環境は自分で作って手に入れる】

こんにちは。

先日ご報告させて頂きましたが、

今月で会社を辞めることになりました。

今回、なぜ転職ではなく

会社員自体を辞めることにしたのか、

その理由をお話しようと思います。

これまで数社で働いてきて、

どこも大なり小なり

悩みやストレスはありましたが、

私は会社が嫌いではありませんでした。

その理由はシンプルで、

人との出会いがあるからです。

そのタイミングで

その会社に勤務していなければ

出会うことはなかったであろう人達と

毎日あれだけの時間を一緒に過ごす。

尊敬できる先輩も、

辞めてからもずっと続く友情も、

意地悪な同僚も

出会えたことにはすべて意味があると思っています。

 

f:id:Rosendreamusa:20201207064801j:plain

 

会社で働くことで学べる事、

得られるものはたくさんありますが

それでも雇われない働き方をしていこうと決めた理由は

大きく分けて2つあります。 

自分の求めるライフスタイルを手に入れるため

アメリカと日本を自由に行き来できる

ライフスタイルを手に入れることは

私の長年の夢でした。

大学留学中に母を突然亡くして以来

いずれは日本に戻ってきて欲しいと思っていた

父を説得してアメリカでの結婚を決めたので

どうすればもっと日本にいる父や祖母と

一緒に時間を過ごすことができるのか、

どうすればそんな生活が手に入るのか

ずっと考えてきました。

日本とアメリカを頻繁に行き来できる仕事を探してもみましたが

会社員をしながらこのライフスタイルを手に入れるのは

時間と場所の制限が多く限界があります。

ずっと願ってはきたけれど

実際は日々の生活に追われ

13年経っても結局状況は変わらないまま。

父も祖母も元気なうちに夢を叶えたい。

挑戦もせずに、このまま諦めたくない。

こんな時に自ら仕事を辞めてしまって

本当に大丈夫なのか

かなりの不安はありましたが

今回の退職を機に、今しかないと

覚悟を決めることにしました。 

ラットレースに価値を見出すことが出来なくなったから

大学卒業後、初めての就職先は

ビザの関係で目指していた会社には行けませんでした。

それに加え借金ありの貧乏OLだったこともあり

そこからいかに挽回してキャリアを築いていけるか

13年間常に上を目指して進んできました。

できるだけ多くの経験を積むために

新しいプロジェクトを任せてもらったり

転職をしたり資格を取ったり

振り返ればアクセル全開できた気がします…(笑)

一刻も早く自分を成長させようと

焦っていたんだと思います。

そんな私に変化が訪れたのは、約1年半前。

長年目標として掲げてきていた

BIG4税理士法人でのマネージャーの職位に就いてからでした。

目標を達成し燃え尽きてしまったのか、

今までのような情熱を失い

次の目標が全く見えなくなってしまいました。

転職も考えましたが、

企業の中で配属された部署の上司の評価で

自分の出世やキャリアパスが決まってしまう、

会社と言う組織の仕組みにも疑問を感じるようになり、

やりがいを見出すことが出来なくなってしまいました。

競争が激しく弱肉強食ないわゆる外資の仕事環境が、

私の求めている生き方とはもう合わなくなったのだと思います。

組織の求めている枠に自分を無理にはめ込むよりも、

もっと自分らしく、のびのびと仕事がしたい。

ならばまた別の組織に転職するよりも

自分の求めている仕事環境を

自分で作るのが1番良いのではと思ったのです。

 

13年間会社勤めをしたからこそ、このタイミングで

見いだせた道だったんだと思います。

不安ははかりしれませんが、それ以上に楽しみなのも事実です。

ここまで自分自身と向き合い続けて何かを決めたことはなかったので

大げさかもしれませんが、

生まれて初めて本当に自分の人生を生きているんだと実感しています。

 


 

 

 




 

Copyright ©ロサンゼルス在住☆起業家税理士の自分らしく輝く毎日へ All rights reserved.

プライバシーポリシー