ローズのLA⇔TokyoデュアルライフBlog

自分軸で自由に生きる税理士。自分の心に素直に自分らしく生きれる毎日を目指して。好きを大切にしたキャリア構築をお手伝いします☆

ひとりで留学。不安を克服するには

こんにちは、ローズです。

 

高いお金を払わずとも留学はひとりでできます、と言う記事を前回書きました。

ただ言語も異なり、知り合いも誰一人いない異国へ一人ぼっちで行くのはかなり不安が多いと思います。

 

周りの留学生によると留学斡旋業者を利用した主な理由は以下でした。

 

1.知らない土地、しかも海外に子供を一人でおくる親の心配を軽減するため

2.高校在学中、卒業後にTOEFLの学習サポートをしてくれるから

3.困ったことがあったら業者のカウンセラーが助けてくれるから (1.との関連性は高め)

4. 留学後の個々のサポート(ホームシック、学校の成績などなど)

 

 

1.親の心配

私が渡米したばかりの頃はスマホなどなかったので、基本的なコミュニケーションはE-mailで、寂しくなると家族に国際電話をしていました。

フォンカードを買ったり、国際電話対応の電話のプランに入ったり。

今はスマホがこれだけ普及しているので、私が留学した当時と比べ本当に世界が近くなりましたよね。

ライン等を通して毎日無料でメッセージを送ったり通話をすることができるので、時差はあるものの、かなりタイムリーに国境を越えて会話ができる環境にあると思います。

昔に比べるとホームシックも大分減ったのではないでしょうか。

親御さんの心配を軽減するためにも、こまめにコンタクトをとってコミュニケーションをはかるのが良いですね。

f:id:Rosendreamusa:20201010034803j:plain


 

2.TOEFL学習のサポート

私は市販の本と付属のCDで留学前に独学しました。

英語が特別好きなわけでも得意でもなかったけれど、日本の大学を英語受験しようと試みたこともあるので普通には勉強していました。

TOEFLの問題形式や使われる単語は結構特殊なので、TOEFLのスコアを伸ばしたい人はTOEFLに特化した対策が必要だと思います。

試験に慣れることもスコアを伸ばす重要な鍵です。

正確は覚えていませんが、私は最低でも3、4回は受けたような気がします。

 

時間をかけて勉強してもスコアが伸び悩み、どうしても留学に必要なTOEFLのスコアに届かない場合は、TOEFL対策のある英語学校に通うのも手かもしれません。

周りには留学先のESLに通いながらTOEFLの勉強をしスコアを伸ばしていった留学生も多くいましたので、金銭的に余裕がある場合はまず行ってみるのも手かもしれません。

 

   

 

3.困った時の対処法

一人で留学する場合、頼れる知り合いがもともと現地にいない限り、最初から一人暮らしをするのはお勧めできません。

理由は、やはり知り合いをまず作りやすい環境に身を置いた方が色々と良いからです。

なのではじめはホームステイか寮生活がお薦めです。

私はホームステイ→寮生活→アパートと転々としてきましたが、順番的には良かったかなと思っています。

 

でもどんなに気を付けても色々と起こるものです。

ホームステイをしている時だったのですが、車で事故に遭い、ホストマザーに泣きながら電話をし病院まで迎えに来てもらったと言う過去も…。

事故った相手はパニックで英語で怒鳴りながらFワード連発。

留学一年目の大惨事でした。

幸い大きな怪我は免れましたが、あの頃一人暮らしだったらどうしようもなかったかもしれません。

特に海外にいる分、一人ですべては回せないので、そこは受け止めて必要な時には人に頼れる環境を作っておくことは大切です。

 

4. 留学後の個々のサポート

 これも3.の対応策と同じですが、寂しい時、辛い時、苦しい時、やはりいつも助けてくれたのは人でした。

渡米当初から既にホームシックがひどく、友達もまだいなかった頃、母に泣きながら何度も国際電話をしていました。

それでも辛く悲しい時はメールや手紙を毎日書いていました。

次第にホームステイ先のルームメイトと色々話すことができるようになり、他国から来ている留学生と知り合ったりネットワークは徐々に徐々に広がっていきます。

 

共有できる人がいない場合ですが、アメリカには日本語対応のお悩み相談ホットラインがあります。

留学生対象のラインもあると聞いたことがあります。

大学にはカウンセラーもいますし、日本語を話せるカウンセラーも全米で探せばかなりいます。

近くにいない場合は電話で対応してくれる所もあると思いますので、一人で留学しても、一人で頑張りすぎることなく助けを求めて欲しいなと思います。

海外にいると一人ではどうしようもないことが多々あるので、そこは受け止めて必要な時には人に頼れる環境を作っておくことが大切です。

 

Copyright ©ローズのLA⇔TokyoデュアルライフBlog All rights reserved.

プライバシーポリシー