ロサンゼルス発☆自分らしくキャリアを築き理想を叶えていく方法

税理士(USCPA)xコーチがアメリカで起業したい&キャリアアップしたいあなたをトータルサポート!

日本語で自己表現することの大切さ【海外でも言語のバランスを】

\ 自分らしく輝く毎日へ /

LA在住 税理士 x コーチのMaiです☆

 

高校生の頃

英語が話せるようになりたいなと言う

思いはありましたが

実際には洋画にも洋楽にも興味がなく

将来海外で生活をすることになるなんて

全く思ってもいませんでした。

人生設計にはなかった留学から始まり

アメリカに住むことになるなんて

人生本当に何が起こるか分かりませんね。

 

海外生活が長くなると、価値観や考え方が

少しずつ変わっていくことはありますが

変わらないものもたくさんあります。

 

そのひとつは

母国語で自己表現できることの必要性

です。

 

この8年ちょっと

英語中心の生活を送ってきましたが

私にとって英語はいつまでも第二言語

英語へのコンプレックスは今でも強く

日本語で話すようには

自己表現できないのが現実です。

f:id:Rosendreamusa:20210226085234j:plain

海外生活を送っていると

多かれ少なかれ

孤独を感じることはあると思います。

色々な理由があると思いますが

もしかしたらそれは

日本語(母国語)での自己表現不足が

原因かもしれません。

日本語をあまり使う環境にいない方、

最近自分らしく過ごせていないなと

感じる方、

何となく寂しさを感じる方は

一度ご自身の状況を

見直してみることをおすすめします。

 

これは私自身、英語中心の生活を

何年も経験して学んだことなのですが

第二言語が中心の生活の場合

日ごろから意識して母国語で

話す機会を設けないと

知らず知らずに小さなストレスが

蓄積されていってしまいます。

 

自分の言葉で

自己表現ができていると

実感できること

が世界中どこにいても自分らしく

生活する上でとても大切です。

言語と心のバランスをうまくとりながら

自分らしい海外生活を送りたいですね。

 

 

Copyright ©ロサンゼルス在住☆起業家税理士の自分らしく輝く毎日へ All rights reserved.

プライバシーポリシー