アメリカ発☆自分らしい働き方 & 生き方のレシピ

~米国公認会計士 (USCPA)xコーチが理想のキャリア&ライフを手に入れたい大人をサポート~

USCPAのアメリカ就職事情

\ 自分らしく輝く毎日へ /

米国公認会計士 x パーソナルコーチMaiです

 

私は現在米国公認会計士USCPA

の資格を持ち税務の仕事をしています

 

USCPAの資格がなくても

税務の仕事はできますが

資格を持っていると申告書に署名や

税務局とのやりとり等

行える業務内容が広がり

信頼度も上がるので取得は一般的かと思います

 

今日はUSCPAに興味のある方に向けて

USCPAアメリカでの就職先

に関してお話しします

f:id:Rosendreamusa:20201002032000j:plain

 

 

USCPA保持者の業務内容は大まかに分けると

税務会計業務

 

小さな会計事務所では税務と会計両方に

携わる場合もありますが

大手だとたいてい専門性を選択するのが一般的です

 

税務と会計の仕事内容、繁忙期のタイミング

働き方やその後のキャリア形成も異なってきますので

興味のある分野を明確にする必要があります

 

専門性が見えてきたら

次はどのような会社で働きたいかを

決める必要があります

 

税理士法人監査法人と言われる

プロフェッショナルファーム

アメリカではPublic Accounting Firmと言われます)

で働くのか

事業会社(IndustryやPrivateと言われます)

に勤めるのか

 

事業会社を選ぶと

税務の場合はTax Departmentに

会計の場合はAccounting Department (経理)

で働くのが一般的です

 

会社の規模によっては

社内にTax Departmentはなく

税務は税理士にお任せしている会社も多くありますが

 

たいていの会社には

Accounting Departmentはありますので

選択肢は多いかもしれません

 

また、最終的なキャリアゴールを

視野に入れることも大切

 

事業会社の場合

税務だとトップはVPかSVPが多く

(Vice Presidentかその上のSenior Vice President)

会計の場合はCFOへの道もありますよね

 

常に求人が多く

就職先に困ることは少ないUSCPAのキャリア

 

選択肢が多い分

納得のいくキャリアパスを築きやすいのも

USCPAの特徴かもしれません

 

もっと詳しく知りたい方は

お気軽にご連絡下さい

 LINE

 

Copyright ©ロサンゼルス在住☆起業家税理士の自分らしく輝く毎日へ All rights reserved.

プライバシーポリシー