アメリカ発☆自分らしくキャリアを築き理想を叶えていく方法

米国公認会計士(USCPA)xコーチが自分らしく輝く人生を手に入れるためのマインドをLAから発信中

資格に関するご質問にお答えします【アメリカで税理士として働く】

\ 自分らしく輝く毎日へ /

LA在住 税理士 x ビジネスコーチ
武島麻衣です

  

税理士としての肩書や資格について

最近よくご質問を頂きますので

今日は詳しくお話してみようと思います

 

アメリカで税務を専門としている人は

以下のどちらかの資格を持っていることが

多いです

 

1.米国公認会計士

Certified Public Accountant (CPA)

2.米国税理士

Enrolled Agent (EA)

 

私は1.米国公認会計士CPA

の資格を保有しています

 

日本ではUSCPAとも言われていますね

 

アメリカで税理士として働きたい場合

どちらの資格を取れば良いですか

と言うご質問を頂きました

 

個人的な意見ですが

アメリカの市場でより広く

より高く評価されているのは

米国公認会計士CPA)です

 

税理士法人によっては

国税理士(EA)だけでは

ある職位以降は昇進できないケースもあり

米国公認会計士CPA)の資格を

取ることが推奨されています

 

f:id:Rosendreamusa:20210506112854j:plain

 

税理士と会計士との違いは何ですか

と言うご質問もいただきました

 

違いは専門性にあるかと思います

 

私の専門は税務であり

会計士業務である監査は行っていません

 

アメリカの会計士の中には

監査も税務もする方もいらっしゃいます

 

私の厳密な肩書は

アメリカの税務を専門としている

米国公認会計士CPA

と言うのが正しいところ

 

でも長いので(笑)分かりやすく

アメリカの税理士と言っています

 

ご提供しているサービスは税務を中心に

税務申告

税務コンサルティング

記帳代行

会社設立支援など

 

アメリカの税金に関しての

質問やご相談はお気軽にご連絡下さい

 

 友だち追加

 



 

Copyright ©ロサンゼルス在住☆起業家税理士の自分らしく輝く毎日へ All rights reserved.

プライバシーポリシー