ロサンゼルス在住☆起業家税理士の自分らしく輝く毎日へ

アメリカで13年間の会社員生活を卒業し2021年1月より独立・起業。パラレルキャリア&LA⇔Tokyoデュアルライフ♪

【アメリカで起業したい方へ】はじめに考えるべき重要な事

自分らしいキャリア構築を応援する
LA在住 起業家税理士の武島麻衣です☆

 

先月で会社を辞めたので

年明けに出社をしないと言う

人生ではじめての毎日を過ごしています。

嬉しい反面、

早く働きたい気持ちも強いので

皆が仕事に戻るのと同じタイミングで

私も今週から本格的に動き出しました。

諸手続きを地道に行う毎日ですが

今日はアメリカで起業を志す方が

まず最初に考えるべき

とても大切なことをお話します。

起業が決まったら

すぐにでもサービスを開始したくなる

高ぶる気持ちを抑えつつ

まず考えるべき事は

どのタイプの企業形態で

ビジネスをしていくか

と言うことです。

f:id:Rosendreamusa:20210108072818j:plain

タイプとは英語ではEntity Typeと言われ

  • Sole Proprietorship
  • Partnership
  • LLC
  • C Corporation
  • S Corporation

などがあります。

それぞれの詳しい説明は省略しますが

どのタイプが自分のビジネスに

適しているかを決めるには

下記の2つのことが大切です。

1.リスク

ビジネスのリスクと

オーナーの個人資産。

オーナーであるあなた自身の資産を

ビジネスのリスクと切り離し

守れる方法はどれか。

2.税金

それぞれの形態で

支払う税金にどの位の影響が出るか。

 

この2つのことを念頭に置き

ビジネスも自分自身の資産も守りながら

税金を抑られる方法がベストです。

知らずにビジネスを始めると

個人の資産が脅かされてしまったり

税金を多く払う結果にもなりかねないので

ぜひ税理士か弁護士に

ご相談することをお勧めします。

 

Copyright ©ローズのLA⇔TokyoデュアルライフBlog All rights reserved.

プライバシーポリシー