ローズのアメリカBlog

アメリカでの留学、就職、転職、結婚。豊かに挑戦し続ける人生を目指して。

合わない仕事でも何とかなる【持ってないスキルは環境に入って身につければ良い】

こんにちは、ローズです。自己紹介はこちら

 

自分が心から楽しめる好きな仕事と、性格的に向いている仕事と言うのは、必ずしも一緒とは限りません。

一緒であればとても幸せなことですが、違うことの方が多いのではないでしょうか。

 私の場合もそうで、もともと私には税理士に必要と言われているスキルは一切ありませんでした。

税理士と言うと真面目で几帳面なイメージを持たれることもありますが、私はどちらかと言えば大雑把な方で、電化製品や家具は説明書も読まずに感覚で組み立て始めるような子供でした(笑)

しっかりしているようで、とてもおっちょこちょいでぬけている所もたくさんあります。

会計事務所・税理士事務所の仕事と言うのは、数字やお客様の個人情報を扱うため、言うまでもなく細やかな注意が必要とされます。

はじめて勤務した会計事務所の上司も同僚も、几帳面で神経質、細かい仕事が大の得意でした。

私は性質上全く違ったので、真面目に一生懸命仕事をしても時折うっかりミスをしてしまう。

頑張っているのにミスをしてしまう自分が許せなくて、悔しくて、どうしたら細かい仕事ができるようになるのかとずっとコンプレックスに思っていました。

 

f:id:Rosendreamusa:20200715155331j:plain

もちろん年数とともに仕事に必要なスキルというのは徐々に身についていきます。

でも当時まだまだだった私を、現在勤めている税理士法人で最初にトレーニングしてくれた元上司は、毎日午前2時まで働く、完璧主義でとても優秀な人でした。

彼女は見事にぬけがない。彼女の手掛けた仕事は何から何まで平均レベルを超えた完璧さ。

彼女の上司がミスを見つけることなんてなかったのでは。

そんな私とは対照的な上司に教育された私は、はじめの頃はぼろぼろにしごかれました。

毎回ダメ出しがあり、一発でOKをもらったことはなかったと思います。

それでも彼女を尊敬してついていきたいと思ったので、彼女に認めてもらうには彼女の基準、彼女のレベルに近づけるよう一歩ずつ努力していき、自分を変えていくしかありませんでした。

スタンダードが高過ぎる人の元で働くのは簡単なことではありません。

白黒はっきりした性格で感情を含まない人だったので、仕事の合間に何度かトイレに駆け込み涙した日もありました。

コンプレックスだった性質を矯正させられた2年弱。決して簡単ではなかったけれど、今の私の土台を作ったのは絶対に彼女のおかげです。

そんな厳しかった上司は数年前に辞めてしまいましたが、今でもお友達としてお付き合いさせてもらっています。

 

今では自分の中のスタンダードというものが確立され、うっかりミスをすることもかなり少なくなりました。(たまーにしてしまう時もありますが😂)

 

合わないな、向いていないなと思う仕事でも、学びたいという気持ちさえあればある程度必要なスキルは伸ばし、身につけることができるので、それだけで諦めることもないのかなと思います。

苦しいことも辛いことも必ずついてきますが、スキルは努力で身につくんだと実体験を持って知りました。

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ