ローズのLA⇔TokyoデュアルライフBlog

自分軸で自由に生きる税理士。自分の心に素直に自分らしく生きれる毎日を目指して。好きを大切にしたキャリア構築をお手伝いします☆

転職氷河期真っ只中

こんにちは、ローズです。

 

今でも日々コロナが悪化していっているアメリカでは、転職市場にも当然のことながら影響が出ています。

それもそのはず、アメリカの失業率は2020年4月の段階で過去最高の14.7%を記録しました。

参考までに日本の失業率は3%以下。

 

私の働く税理士法人でも平年と比べると離職率は比べ物にならないほど低い状態が続いています。

税理士法人は一般的に年に2回繁忙期があるのですが、過酷な労働状況が原因で離職率はもともと高い方。

繁忙期が終わる毎に何人も辞めていき、繁忙期中でも構わず辞める人は結構います。

しかしここ4ヶ月間で、私が知る限り部署を問わずに辞めた人はたったの2人だけ!!

これは見たことも聞いたこともない数字。現状の厳しさをかなり表しています。

 

f:id:Rosendreamusa:20200706123849j:plain

 

求人情報もここ数ヶ月はかなり少ないので、辞めたくても辞められない人も多くいるのが現実なのかなと思います。 

アメリカの大手、中堅の税理士法人でも、3月、4月の段階で解雇を発表した会社もありますが、短時間制にして給料をカットしたり、ボーナスや昇給が見送られたりと言う話を聞きます。

パフォーマンスが低い従業員、稼働率の低い従業員は解雇の対象になると発表した会社も多くあるようですし、いつ何が起こってもおかしくない状況ですね。

実際うちの会社では7月に入社予定だった新入社員の入社を来年1月まで見送ることになりました。

常に求人が溢れている職業だっただけに、正直これまで危機感が全くありませんでしたが、そんなことも言ってられない状況になってしましました。

長引く自粛生活の中、転職を考えている方々にとっては自由に動けず辛い時ではあると思いますが、この期間を転職の準備や勉強に使い乗り切って欲しいです!

 

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

Copyright ©ローズのLA⇔TokyoデュアルライフBlog All rights reserved.

プライバシーポリシー