アメリカ発☆自分らしい働き方 & 生き方のレシピ

~米国公認会計士 (USCPA)xコーチが理想のキャリア&ライフを手に入れたい大人をサポート~

年収250万円から1000万円へ - 年収アップのためにやるべき3つのこと

\ 自分らしく輝く毎日へ /

米国公認会計士 x パーソナルコーチMaiです

 

アメリカの大学を卒業して

現地就職した私の

すさまじい給料の変化を振り返えながら

 

アメリカでキャリアアップして

お給料を伸ばしていくための

秘訣をお話しようと思います

 

私は在学中から大学卒業後は

アメリカで働いてみたいと

思っていました

 

色々な理由があるのですが

大きな理由は

 

まだ日本に帰るには

十分アメリカを

経験しつくせていないと思ったから

 

留学生が現地で就職をするには

雇用主にビザをスポンサーして

もらわなくてはなりませんが

 

アメリカ人の雇用を優先するためだったり

ビザ申請の費用が掛かるため

スポンサーしない企業が多いのです

 

はじめに目指した

ファイナンシャルプランナーの業界は

面接の度にビザはサポートできない

と言う理由でことごとく断わられました

 

アメリカに残れる期間は限られており

その時自分が何をやりたいかよりも

まずはビザのスポンサーになってくれる

会社を見つけようと

方向転換せざるを得なくなりました

 

f:id:Rosendreamusa:20200202103312j:plain

 

そんな中見つけたファイナンス系の会社

 

ビザのスポンサーをしてくれる会社に

雇ってもらえたことが

すごく嬉しかったけれど

 

一生やりたい仕事ではなかったので

正直取り敢えず、と言う感覚で

私の就職先は決まりました

 

日系の会社でしたが

なんと初任給は時給$11!

 

オーマイガ~!ですよね^^;

 

実家暮らしならばまだしも

物価の高いカリフォルニアで

生活するには到底足りず

 

大学卒業後1年間働けるOPT期間中は

1日8時間会社で働いた後

アルバイトもしていました

 

それでも厳しくて

毎月クレジットカードに頼ることになるのですが・・

 

高額なお金をかけて

留学させてもらったのに

親孝行なんて出来るわけもなく

こんな自分がとても情けなくなりました

 

前置きがかなり長くなってしまいましたが

 

年収を上げたい!

貧乏生活から抜け出したい!

親孝行したい!

と私が給与アップのために

意識していったことは以下の3つになります 

 

①手に職をつける

初めての就職先は事務職でしたが

正直誰にでも出来るような仕事内容でした

 

大した職務経験のない私が

普通に仕事をしているだけで褒められて

優等生扱いされる職場環境にも

疑問がありました

 

何か物足りない

 

このまま誰がやってもできる仕事を

していてはダメだと思い

手に職をつけようと資格を取ることを決意

 

他にも候補はあったのですが

大学の専攻と近かったこと

またビザのサポートを

してくれる会社が多いと言われていた

米国公認会計士USCPA)

の資格を目指すことにしました

 

大学では会計学専攻では

ありませんでしたので

この道でいくと決めた私は

資格取得に向け

まずは大学に戻り

必要な単位を取得することから

スタートしました

 

働きながら大学で

単位を取っていく生活を

2年程続けやっと資格試験を受ける条件を

満たすことができました

 

資格試験の勉強をしている段階でも

転職の面接では考慮してもらえるので

目指したい資格がある場合は

一刻も早く取りかかることを

おすすめします

②専門分野を定め、狭める

USCPAの試験を受けるのに

必要な会計学の単位を取っている中

 

少しでも実務経験をつけたくて

ビザをスポンサーしてくれる

日系の会計事務所を見つけ転職しました

 

ここでは専門分野に特化することなく

監査、税務、記帳代行や

その他の業務もまんべんなく学びました

 

教育熱心な上司にも恵まれ

会計の全体像を学べたことは

後々とても役立ちましたが

時間が経つと専門分野のない

何でも屋さんになっていることに気づきました

 

ここでもなかなかお給料は上がらず

ボーナスもなし!!

↑ 今振り返ってもやっぱり酷いなぁ~苦笑

 

給与を上げていくには

もっと専門性をつける必要があると悟り

税務の道に進むことを決め

再度転職しました

  

③転職は外資系、そして大手へ

日系企業で2社働いた後

アメリカの企業2社で働きました

 

転職に際して気を付けたのは

専門性を追求できる

会社を見つけることに加え

転職先を外資系へ絞ったこと

 

そして給与形態がしっかりした

大手を目指すことで

年収アップにつなげることができました

 

就職する際に知っていたらなーと思うのですが

アメリカの日系企業

アメリカの現地の企業に比べ

給与水準がかなり低い!

 

実例でお話すると

私が実際に勤めた会計事務所の

初年度の年収が当時3万ドル(約330万円)

 

当時の外資系の大手会計事務所の

初任給は4万5千ドル~5万5千ドル

(約500~600万円)でした

 

もちろん毎年の昇給率も異なり

数年で相当な給与の差が生まれてきます

 

私が働いてきた日系企業では

昇給はあってなかったような

微々たる額でしたが

外資では景気が悪い年を除いては

大なり小なり毎年昇給がありました

 

時間を持て余す貧乏生活より

身を粉にしてもバリバリ働いて

お給料を上げたいとずっと思ってきた私は

 

この3つの方法で

年収250万円から年収1000万円を

超えることができました

 

就職した頃は夢のようで

到底超えられるとは思えなかった

年収1000万円の壁

 

しかし物価が高騰し続けるカリフォルニアでは

1000万円は決して高所得ではないんです

 

1000万円稼いでも

こちらでは治安の良い地域で

庭付き一戸建てなんて夢のまた夢

 

お金持ちからは

程遠いのが現実です^^;

 

私もまだまだ!

 

━━━━━━━━━━━━

時間もかかり大変な事もたくさんありましたが

行動すれば必ずステップアップは可能です

━━━━━━━━━━━━

 

異国の地でも信じて前進あるのみ

 

一緒に頑張りましょう!

 

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外就職へ

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

Copyright ©ロサンゼルス在住☆起業家税理士の自分らしく輝く毎日へ All rights reserved.

プライバシーポリシー