ロサンゼルス発☆自分らしくキャリアを築き理想を叶えていく方法

税理士(USCPA)xコーチがアメリカで起業したい&キャリアアップしたいあなたをトータルサポート!

フィードバックは不可欠!【謙虚さと素直さは一歩前に進むための秘訣】

\ 自分らしく輝く毎日へ /

LA在住 税理士 x コーチのMaiです☆

  

先月から行っている

モニターセッションでは

セッションを受けて頂いた方々から

感想と共にフィードバックを

頂いております。

毎回たくさんのことに気づかされ

とても勉強になっています。

 

フィードバックとは、簡単に言うと

目標達成や向上することを目的に

相手に意見を返すことです。

アドバイスや評価と似たような

印象をお持ちかもしれませんが

厳密には異なると言われています。

フィードバックの醍醐味は

イムリーに意見をもらえること。

受け取った側は

そのフィードバックをしっかり考え

適応し、改善していくことができます。

 

会社や組織の場合だと

小さなプロジェクトごとか

プロジェクトがない場合は

短めの期間を決めて定期的に

フィードバックするのがおすすめです。

半年や年に一度の人事評価では

事後報告になってしまいますので

フィードバックにはなりません。

f:id:Rosendreamusa:20210316081627j:plain

フィードバックは改善して前に進むために

必要不可欠なもの。

でもここで問題になってくるのが

受け取ったフィードバックを

素直に受け入れることができるかどうか。

 

尊敬している先輩からの意見だと

何でもありがたく聞き入れられるのに

苦手な人や嫌いな人からだと

怒りや不満が先行してしまい

拒絶してしまうと言う経験は

ありませんか。

私も経験があるので

その気持ちは痛いほど分かります。

 

しかし、

覚えておかなくてはならないのは

フィードバックは

受け取り手のためのもの

と言う事です。

誰からそのフィードバックをもらったかが

一番重要なのではなく

どんなフィードバックをもらったかが

大切なのです。

相手はわざわざ時間を取って

自分のために意見をしてくれています。

素直に感謝して

受け入れられたら一番良いのですが

もし感情が先走って

素直に受け入れられない場合は

一旦感情の波がおさまってから

もらったフィードバックについて

よく考えてみることをおすすめします。

 

完璧な人間は誰一人いない。

フィードバックを無視してしまっては

より早く前に進む機会を

失うことにもなってしまいます。

1人では気づけないことが

たくさんありますからね。

 

自分には常に改善の余地があると言う

謙虚さを忘れず

どんなフィードバックでも

自分の役に立つことがあるんだと

それを学びのチャンスに

変えてしまいましょう!

 

どんな時も謙虚さと素直さを忘れず

前進し続けていきたいですね。

Copyright ©ロサンゼルス在住☆起業家税理士の自分らしく輝く毎日へ All rights reserved.

プライバシーポリシー