アメリカ発☆自分らしくキャリアを築き理想を叶えていく方法

米国公認会計士(USCPA)xコーチが自分らしく輝く人生を手に入れるためのマインドを発信中

転職組は少数派【アメリカBIG4で働く】

現在勤めている税理士法人に入社し

6年目に入りましたが

アメリカのBIG4には

他の米系企業とは異なる

ユニークな特徴がいくつかありました

 

まず、基本は新卒採用が大半で

転職者が少ないことです

 

たいていの人は

1. 大学在学中にインターンをし

卒業後の内定をもらう

2. 大学在学中にキャリアフェアなどで

内定をもらう

3.他のBIG4やBIG4以外の

大手税理士法人からの転職者

の3つに当てはまります

 

ですので私のように

BIG4やその他の中堅税理士法人以外で

経験を積んでからBIG4に転職する人は

かなり稀でした

 

なので入社当時はかなりの注目度^^;

 

新卒採用がメインで

人の入れ替わりも激しいため

私が所属していた部署の

パートナー以下の従業員の平均年齢は

20代後半位でした

 

各オフィスや部署にもよりますが

全体的に若い印象です

 

f:id:Rosendreamusa:20201111033625j:plain

もう1つは新卒入社が大半であることから

アメリカの企業では珍しく

同期の概念があることです

 

アメリカでは同期のことを

Same Classと言ったりします

 

同期で泊りがけの研修に行くことも

多いため、同期同士のつながりは

とても強く思われました

 

私は転職して入ったので同期はいませんでしたが

同じ経験年数の同僚達が

快く私を同期の一人として受け入れてくれ

色々と教えてくれました

 

5人のうち4人はもう辞めてしまいましたが

今でも連絡を取り合い食事に行く仲です

彼らにはとても感謝しています

 

**********

個人的には転職で見えることや

学べることはとても多いと思っているので

私は転職推進派です

 

まっさらな状態の新卒者を

ゼロから鍛えていくメリットもたくさんありますが

 

BIG4でももっと中途採用を増やし

転職者の教育に力を入れられたら

更に良い人材が増えていくのではないかなと思います

 

 

Copyright ©ロサンゼルス在住☆起業家税理士の自分らしく輝く毎日へ All rights reserved.

プライバシーポリシー