ローズのLA⇔TokyoデュアルライフBlog

自分軸で自由に生きる税理士。自分の心に素直に自分らしく生きれる毎日を目指して。好きを大切にしたキャリア構築をお手伝いします☆

転職組は少数派【アメリカBIG4で働く】

こんにちは、ローズです。

 

現在勤めている税理士法人に入社して6年目に入りましたが、

アメリカのBIG4には他の米系企業とは異なる特性がいくつかありました。

まず、基本は新卒採用が大半。

たいていの人は

1. 大学在学中にインターンを経験し、卒業後の内定をもらう

2. 大学在学中にキャリアフェアなどで内定をもらう

3.他のBIG4やBIG4以外の大手税理士法人からの転職者

の3つに当てはまるのではないかと思います。

 

アメリカでは転職が日常茶飯事なので、

通常どの企業にも転職者はごろごろいます。

以前働いていたアセットマネージメントも

私がいた部署は全員が転職経験者でした。

ですので私のようにBIG4や中堅税理士法人以外での

経験を積んでからの転職組はかなり稀でした。

新卒採用がメインで、人の入れ替わりも激しいため、

パートナー以下の従業員の平均年齢は20代後半位ではないかと思います。

地域や部署にもよりますが若い人は多い印象です。

 

f:id:Rosendreamusa:20201111033625j:plain

もう1つは、新卒入社が大半であることから、

アメリカ企業には珍しく同期の概念があることです。

こちらでは同期のことをSame Classと言ったりします。

同期で泊りがけの研修に行くことも多いため、

同期同士のつながりはとても強く思われました。

私はもちろん転職したので同期はいませんでしたが、

同じ経験年数の同僚達が快く私を同期の一人として

受け入れて、色々と教えてくれました。

5人のうち4人はもう辞めてしまいましたが、

今でも連絡を取り合い食事に行く仲になり、

彼らにはとても感謝しています。

**********

私は転職で見えることや学べることはとても多いと思っているので、

BIG4でももっと中途採用を増やし、その教育に

力を入れたら良いのになと思っています。

 

 

Copyright ©ローズのLA⇔TokyoデュアルライフBlog All rights reserved.

プライバシーポリシー