ローズのLA⇔TokyoデュアルライフBlog

自分軸で自由に生きる税理士。自分の心に素直に自分らしく生きれる毎日を目指して。好きを大切にしたキャリア構築をお手伝いします☆

会計学苦手な私がUSCPAになった話【米国公認会計士】

こんにちは、ローズです。

アメリカの大統領選挙で今週は何だか落ち着かない毎日ですが、

今日は大学時代、会計学がすごく苦手だった私が

米国公認会計士USCPA)の資格試験に受かることができ

会計事務所や税理士法人で働くことになったお話をしたいと思います。

こんな私でも受かったんだと、勉強中の方の勇気づけになれば嬉しいです。

 

もともと会計が好きで米国公認会計士を目指したわけではありませんでした。

私が通っていたアメリカの大学では、ビジネス専攻の学生は

専門に関わらず会計学の基礎1と2は必須科目になっていました。

どれだけ苦手だったのか、恥を捨てて正直にお話すると‥

 

基礎1も2も単位を落としてしまうほど><

f:id:Rosendreamusa:20201107054338j:plain

勉強も一応しましたが、講義を聞いてもしっくりこないし、興味もわかず…。

肌になじまないってこういう事なんだ、とまで思いました(苦笑)

唯一の言い訳は午前7時スタートの講義を無謀にも取ってしまったため、

出席率があまり良くなかったと言うのもありますが。

(私の学生時代の実態がばれてしまいますね。笑)

学部の専門を決める時も、会計学専攻だと留学生の就職には

圧倒的に強くなるのは分かっていましたが、

最後の最後まで迷ってファイナンスに決定。

 

これだけ避けてきたのに、その後色々あって

結局会計事務所で働くこととなり

米国公認会計士を目指すわけですが‥

4教科からなるUSCPAの試験の内の1つが会計学なのです><

アレルギー反応が出そうな程の苦手意識があったので

これを1教科目の受験科目としてとにかくじっくり勉強することにしました。

と言うのも、USCPAの試験は1教科目が受かってから

1年半以内に全教科合格しないと

1教科目の合格が失効してしまうと言うルールがあるのです。

なので苦手意識のある会計学は、何度落ちても良いように

1教科目に持ってきました。

実際に試験勉強を始めてみると、大学の授業で感じたほどの苦痛はなく、

勉強自体はそこまで苦ではなかったのが意外でした。

すぐに理解できない内容もたくさんありましたが、

日本語の参考書で理解できるまで何度も読みこみました。

期待もしていなかったし、焦らずじっくり時間をかけたことが功を奏したのか

会計学は1発合格することができました。

 

USCPAの試験は英語の壁はありますが、

じっくり時間をかければ受かる試験だと思います。

結局その後のキャリアでは監査ではなく税務の道を選びましたが

会計学で苦労した経験は今となっては良い思い出です。

Copyright ©ローズのLA⇔TokyoデュアルライフBlog All rights reserved.

プライバシーポリシー