アメリカ発☆自分らしくキャリアを築き理想を叶えていく方法

米国公認会計士(USCPA)xコーチが自分らしく輝く人生を手に入れるためのマインドをLAから発信中

BIG4への転職を反対された理由【BIG4は出世に必須?】

こんにちは。

 

会計、税務の業界で働きだして以来、BIG4と呼ばれる世界4大税理士法人の1社で働くことが私にとっての長年の目標でした。

会計事務所で勤務をしていた時は優秀な人材はBIG4に転職していくと度々聞いていたし、アセットマネージメントファームで働いている時もトップは全員BIG4出身でした。

トップ以外も税務部では私以外は全員BIG4かBIG6出身だったので、税理士としてのキャリアを構築していく上で、BIG4で働きたいと思ったのは自然の流れでした。

 

f:id:Rosendreamusa:20201008122931j:plain

しかし!

やっとの思いで決まった転職を上司や同僚に報告した時の反応は

なんでそんなこと決めちゃったの?!と皆に驚かれて引き留められました。

私の性格をよく理解してくれていたからこそなのですが、BIG4は超競争社会。

誰も心から信じることができないような弱肉強食の世界だから本当に辛いよ。

覚悟はできてる?

どうしてそんな決断しちゃったの?

と、まるで親のような…(笑)

 

私の今後のキャリアの展望と、それを成し遂げるにはBIG4での経験が必要なことを説明し皆納得してくれました。

3年間BIG4で働いていた同僚からは、毎日窓から飛び降りたい位の気分で働いていたとまで言われちょっと怖かったですが… 実際にそこまではなかったです(笑)

前職は比較的残業も少なかったので、旦那さんにもなぜわざわざそんな激務の仕事に移るのかと賛成はされませんでした。 

周りに反対されても信じて決めた道は突き通す性格なので、結局決断は曲げずに転職を決めました。

実際、皆に忠告されたようなこともたくさんありましたが、ずっと手に入れたかった経験なので転職して本当に良かったと思っています。

 

やらない後悔よりもやりたいことはやってみる。

これからも私はこの生き方で突き通します!

 

Copyright ©ロサンゼルス在住☆起業家税理士の自分らしく輝く毎日へ All rights reserved.

プライバシーポリシー